Project Description

第77条【裁判所の規則制定権】

Title:山里の白煙

山里に立ち上る白い煙は、そこに細々とも人の暮らしがあることを匂わせている。
煙が上がるということは、当然なにかを燃やしているわけだが、それはその山里の暮らしを維持していくための最低限の消費である。そこには、山里のバランスのなかでの営みのルールがあるのだろう。
生産と消費のバランスが保たれてこそ、人々の暮らしの匂いが立つのだと思う。

Mountain Village’s White Smoke

The white smoke rising from the mountain village hints that, though small-scale, people live there.

Smoke rising shows, of course, that something is burning, but that is the minimal consumption necessary to support the life of that village. There must be rules for actions in the mountain village’s balance.

I think that this scent of people’s lives rises precisely because the balance between production and consumption is maintained.

第七十七条 最高裁判所は、訴訟に関する手続弁護士裁判所の内部規律及び事務処理に関する事について、規則を定める権限を有する。
Article 77. The Supreme Court is vested with the rule-making power under which it determines the rules of procedureand of practiceand of matters relating to attorneys, the internal discipline of the courtand the administration of judicial affairs.
検察官は、最高裁判所の定める規則に従はなければならない。
Public procuratorshall be subject to the rule-making power of the Supreme Court.
最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所委任することができる
The Supreme Court may delegate the power to make rules for inferior courts to such courts.