Project Description

第37条【刑事被告人の権利】

Title:ある男の背

男の背には、この男の生きてきた証が刻まれている。
男の両手には、この男の生きてきた重みを感じ取ることができる。
それを大地に聞いてみたい。

Back of a Man

The proof that a man has lived is engraved on his back.

The weight that the man has borne can be sensed when seeing both his hands.

I’d like to ask the ground about that.

第三十七条 すべて事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。
Article 37. In all criminal casethe accused shall enjoy the right to a speedy and public trial by an impartial tribunal.
被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制手続により証人を求める権利を有する。
He shall be permitted full opportunity to examine all witnesses, and he shall have the right of compulsory processfor obtaining witnesses on his behalf at public expense.
被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる被告人が自らこれを依頼することができないときは、でこれを附する。
At all times the accused shall have the assistance of competent counsel who shall, if the accused is unable to securethe same by his own efforts, be assigned to his use by the State.